金庫のダイヤルを忘れない工夫を考えた

金庫のダイヤル部分

主に金庫に取り付けられているのは、錠前とダイヤル式の鍵ではないでしょうか。基本的な金庫はこの二つのロックの二段階方式となっていますので、鍵を所持しておくことと暗証番号を把握しておくことの二つが金庫を解錠する際には必須の項目となります。二段階でのロックは金庫を簡単に開かせないという特性がありますのでかなり便利なのですが、そのメリットとは裏腹に金庫のダイヤル番号を忘れてしまうと開かなくなるというデメリットを併せ持っていると言えるでしょう。そのため、金庫のダイヤルを忘れないことはかなり重要になってきます。このようなことから、金庫のダイヤルを忘れない工夫を考えてみました。

金庫のダイヤルを頭の中だけで覚えていたのでは簡単に忘れてしまいますので、それを忘れてしまわないための方法として一番簡単なのはなんらかの形でメモをしておくことが大切だと思いました。メモに書き留めておくだけでそれを見れば暗証番号を思い出すことができますので、この方法が一番簡単だと言えるでしょう。

しかし、メモに書いておくとそのメモを見られた時に金庫のダイヤルを開けられてしまう可能性があります。そのため、もっとダイヤルを忘れない方法に捻りを加える必要があります。

その捻りを加えた方法としては、暗証番号をメモしたものをさらに金庫に入れる、もしくは机の鍵がかかるサイドテーブルに入れておくなどの方法が良いかもしれません。また、暗証番号そのものを特殊な暗号化してコンピュータなどに保管しておくこと、それだけでも安易に暗証番号がバレることなく、暗証番号を忘れないようにできる工夫の一つにもなるでしょう。

暗証番号を忘れてしまった金庫は本当に開くことができませんので、メーカーに対応してもらうなど大事になってしまいます。そのようなことが起こらないようにするためにも、上記のような暗証番号を忘れない工夫を行ってできるだけ忘れないようにしましょう。